自作PC初心者が知っておきたいこと

自分の思い通りのスペックの物が欲しい、必要な機能だけに特化させたいなどのPCに対するニーズの多様化により、自作PCを作るという人も増加傾向にあります。

最近では、自作PCを作るためのキットなどを販売している店舗もあり、初心者でも手の出しやすい環境になっています。ただ、いくら手の出しやすい環境になったとはいえ、特に自作PC初心者の方などには注意して欲しい点がいくつかあります。まずは、組み合わせられないパーツを購入してしまわないようにするという点です。特にマザーボードとCPUが合わない、グラフィックボードがケースに合わないなどといった例が多いようですので、必ず組み合わせられるパーツ同士であるかどうかを確認しましょう。

配線を行う際にも注意が必要です。初心者の方の中には、はんだを使うのが初めてという人も少なくないのではないでしょうか。そんな時に緊張しすぎて手元が狂ってしまわぬよう、不要なボードなどで練習しておくのも良いでしょう。組み立ての際にも注意が必要なポイントが多いです。

特にCPUの取り付けの際にはCPUに傷を付けてしまわないように注意することと、静電気という面にも注意を払わなければなりません。静電気を軽減できる手袋などを利用して、必ず不慮の事態が起こる確率を下げましょう。完成した後にも油断は出来ません。ドライバーのインストールや再起動の要求を無視すると、不具合が起こる可能性が高くなります。急ぎの作業が無ければ、必ず再起動の指示には従いましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *